<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ネイル。

前々からやってみたかったことをついに実現しました。
それは・・・ネイルサロンデビュー!! です。

前撮りのときに爪もキレイにしておきたかったのですが
ジェルネイルは初めてなので、まずは一度体験しておいた方が
いいだろうということになり・・・職場でお世話になっているFお嬢様
(なぜか彼女はお嬢様と呼ばれている)の紹介で、県内唯一の
「ダイヤモンドネイルのマイスターサロン」に行ってきました。
b0172311_223085.jpg

3Dの白いお花の上にきらめいているのは、なんとダイヤですっ!
鼻息で飛びそうな0.006ctの小さな小さなダイヤですが、
やっぱり輝きが違います。

お店はこちら →→→ PRESH


こちらで購入したダイヤは、使わないときはお店で保管してくれます。
紹介してくれたFお譲様は確か4粒ほどダイヤを持っているらしいですww


・・・で、こちらが前撮り用にしていただいたネイルです
b0172311_2502262.jpg

前回のと合わせてダイヤが2石になりました!
左右の薬指に1石ずつ。

私は自爪がもろくて伸ばせないので、この日は特別に
スカルプにしていただきました。

店長さんは専門学校で講師もしているだけあって本当に器用。
今回はリクエストして3Dの薔薇を描いてもらいました。
葉っぱのところはよく見ると葉脈まで描いてくれています。

b0172311_2505496.jpg

ネイルサロンってギャルっぽいものが多いけど
こちらのお店は控えめで女の子らしくて上品なデザインが私好み♪♪

それに、ウェディングドレスも取り扱っているので
お店にドレスが飾られていたりして毎回ドレスを見せていただくのも楽しみです。
そのドレスもまたすっごく可愛くて・・・
まだドレスを決めていなかったら飛びついていたかも。。。

b0172311_3131795.jpg

噂のFお嬢様のネイルはゴールドに赤い薔薇!!
なんと、ダイヤは1つの薔薇に3石です。
ゴージャス!!

Fお嬢様は自爪がサイコーに美しいっっ
さすがお嬢様です。。。
[PR]
by jpmikan | 2009-06-18 02:38 | Wedding

招待状

5月に入ってすぐに式場で1回目の打ち合わせがありました。
内容は招待状について。

招待状は自分で上手に作る自信が無かったので式場に頼みました。
まずは沢山あるサンプルの中からデザインを選び、
それから文面や書体を選択しました。

デザインは4~5冊のサンプル本の中から選びました。
沢山ありましたが、消去法でどんどん外していくと
結局、自分たちの好みに合うものは3つくらいに絞れました。

で、最終的に選んだのがコチラ↓

b0172311_0595251.jpg


マリーマリー という商品です。
花婿さんと花嫁さんの向かい合ったシルエットが素敵で気に入りました。

デザインが決まったら次は文面選びです。
まずは、差出人を誰にするのかを決定します。
選択肢は、親連名・本人連名・親と本人の両方からの3パターンです。

いろいろ考えましたが、2人ともそこそこ良いお年頃?なので、
親連名にせずに親と本人の両方の名前で出すことにしました。

この場合は、さらに2パターンあって
親を主体にするのか、本人を主体にするのかを選ぶことになりました。
私たちは最終的に、親を主体にした文面を選びました。

その理由は・・・

本人を主体にしたとき、親のメッセージにあった「若いふたり」をどうぞよろしく、
というような一文に微妙にひっかかったから(苦笑

コーディネーターさんは、「親御さん世代からしたら全然若いですから!
気にしなくていいですよ~」と言ってくれたけど・・・
結局、親主体の文面をチョイスしました^^;

この場合、通常は封筒に記載する差出人が親の名前になるそうなのですが
私たちは自分たちの名前で作ってもらうことにしました。

そして、最後に書体を決めました。
一般的には明朝体が多いみたいですが、デザインがかわいかったので
少し丸みを帯びた石川書体を選びました。

文章自体は、定型文だったので特に自分たちで決める必要はありませんでした。
その時節に合った季節の挨拶などを織り交ぜた文章を印刷してくれます。

b0172311_1404726.jpg

広げるとこんな感じ。


内容を決定した後、校正ができあがった段階で式場から郵送で
本状・封筒・返信用葉書・付箋、それぞれの校正紙を送っていただきました。
チェックしてOKだったので式場に電話して正式に注文部数を伝えました。

それから・・・招待状が完成したのは5月の末頃でした。
休みの日に式場に招待状を取りに行き、帰りに郵便局で慶事切手を買って
その日のうちに愛知の相方のところへ郵送→→→

宛名書きは自分たちですることにしました。
・・・が、字がヘタすぎて予想通り苦戦(笑
直接手渡しした何名かにはニックネームで書いちゃいました。
さらに、ごまかしでシール貼ったり・・・(おぃおぃ

相方は途中で断念して、お義母さんにお願いしたみたいww
そういえば、兄ちゃんのも母ちゃんが書いてた気がする(笑

必死で宛名書きした招待状たちは
6月に入ってすぐの大安の日に発送しましたー
相方くんも少し遅れて次の大安の日に出したもよう。
お義母さんありがとーーー。
[PR]
by jpmikan | 2009-06-18 01:00 | Wedding

衣装合わせ

1月に式場が決定した後、しばらく式の準備は何もすることがなく
初回の打ち合わせは5月に入ってからでした。

ただ、前撮りをすることにしていたので、衣装合わせだけは
2月末から始めることにしました。

衣装は持込にすると持ち込み料が発生するし、衣装にも特典が
ついていたことから、会場側の衣装部で決めることにしました。
県内で有名な衣装屋さんに比べると、点数も限られているけど
こだわり始めたらキリが無いのが衣装だと思います。

実際、ブログを見ていると「全然、着たい衣装が見つからないの!」と
衣装屋を何軒もハシゴしたり、衣装合わせを何回も繰り返している方も
いらっしゃいます。後悔しないように、しっかり決めた方がいいけど
悩みはじめたら決められないんですよね。

10月に挙式するKちゃんも、式場で衣装を借りるそうですが、
同じくそれほど点数は多くないそうです。
でも彼女は、「私は、あるものから選べる人だからそこから選んだよ」と言ってました。
私も「あるものから選べる人」なので、そこまで衣装合わせに駆けずり回った
ってことはありませんでした。

・・・が、カラードレスは自分の着たい色があったので
そこにこだわっていたところ、家族や相方くんから別の色が似合うとすすめられ
結局、決めかねて2着とも着ることにしちゃいました(汗

Kちゃんは、「式でドレスの色当てクイズをするから1着だけにする~」って
言っていたけど、やっぱり衣装合わせをした後は
「2着、着たくなる理由がよく分かった~」って言ってました(笑

衣装合わせは、ほんと楽しかったです。
結局、新郎の衣装合わせも含め計3回衣装合わせに行きました。
1度目は、ウェディングとカラー、2度目はウェディングとカラーと打ち掛け
3度目は最終決定と新郎衣装合わせでした。

衣装合わせで思ったこと。

着ている本人は客観視できないのでやっぱり写真は撮っておくべきですね。
私も、1度目は両親+相方くん、2度目は両親、3度目は相方くんと行き
たくさん写真を撮ってもらいました。
家族には「もう前撮りいらないんじゃない?」と言われましたけど。
でも実際に着てみるのと写真で見るのとではやっぱり違って見えます。
周りからすすめられたカラードレスもやっぱり写真で見ると選んで良かったと思います。

で、もう1つ思ったこと。

新郎衣装は、なんてあっさり決まるんだ ってこと(笑
私の衣装点数が多くなるので、合わせて新郎も挙式と披露宴で
お色直しをしてもらうことにしました。もともと点数が新婦側よりさらに
限られているからというのもありますが、それでも決めるの早かったです・・・

何はさておき、衣装も無事決まったし、あとは前撮りを待つのみ。
前撮りは今週の土曜日6月6日の予定です。
一部、ロケーションをしますが、今のところ降水確率30%です。

b0172311_1132185.jpg

これは選ばなかった衣装だけど・・・素敵でした。
[PR]
by jpmikan | 2009-06-03 11:40 | Wedding


日々のこと。


by jpmikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

家ごはん
外ごはん
お弁当
手作りパン
手作り菓子
ハンドメイド
息子くん
成長曲線
出産準備
おでかけ
Wedding
ごあいさつ
日々のこと

最新のトラックバック

ブログパーツ

検索

タグ

(10)

ファン

ブログジャンル

画像一覧