カテゴリ:Wedding( 8 )

お花

b0172311_18354544.jpg

実家に居た頃 ときどきフラワーアレンジメントのレッスンに通っていました。
友人の紹介がきっかけだったのですが、その友人が国際結婚で
海外に引っ越してからも何度か通いました。

お店は「花 楽 家」さんと言って、名前の通りとっても素敵なお花屋さんです。
店長であるM先生も本当に素敵な方で、先生の生み出す作品が大好きでした。
(ちなみに・・・↑は私の下手っぴなアレンジ)

結婚式では絶対に先生のお花で会場を飾りたい!!と思っていました。
お願いしたところ快く引き受けて下さり、とても感謝しています。
当日の写真はまだ手元にないのですが、先生には前撮りの時から
ブーケやヘア用のお花でお世話になっていましたので、
今回はそのときのお花をご紹介します。

b0172311_2134510.jpg

こちらはピンクのカクテルドレスに合わせたブーケ。
私の希望でピンクのラウンドブーケです。
b0172311_2135115.jpg

このブーケに合わせたヘアはこちら。

b0172311_21355452.jpg

紺のカクテルに合わせたブーケはこちら。
すごく大人っぽくて、美容師さんにも好評でした。
さすがM先生!!
b0172311_21364450.jpg

ブーケもそうですが、ヘアも薔薇の花びらを何枚も重ねたメリアの花飾りです。

b0172311_21383629.jpg

ウェディング用のブーケです。私の希望で形はキャスケードで作って頂きました。
b0172311_21394420.jpg

当日はウェディングドレスでのヘアチェンジは無かったのですが、
前撮りの時はヘアチェンジしていただきました。
そのときのヘア用の飾りです。


b0172311_21413124.jpg

ちなみに、これは自分で作ったリングピロー。
ピリザーブドの白薔薇とジャスミンの花で作りました。
[PR]
by jpmikan | 2009-10-13 18:56 | Wedding

美容

b0172311_6373917.jpg


結婚が決まってから、一応ブライダルエステも通いました。

これは、そのエステで取り扱っている商品。
フランスのGUINOT(ギノー)という会社のコスメです。

左が「ゴマージュ ファシル」というボディケア用の商品。
お風呂で体を流して、濡れたところにこのクリームをのせて
優しくコロコロするだけで細かい粒子が古い角質を取り除いてくれます。
あとは洗い流せば、お肌がすべすべになるというもの。
香りもいいです。

右が「ゴマージュ グラン デクラ」というフェイシャル用の商品。
洗顔後、乾いた肌に適量塗って少し時間を空けてから
コロコロすると消しゴムのかすのように角質が取れるというもの。


エステ自体では、タラソという海藻を使ったボディパックや
オイルマッサージなどの施術を受けました。
フェイシャルはアロマパックや、↑で紹介したギノーが開発した
イドラデルミーというイオン導入のケアなどを受けました。
リフトゾームっていう石膏パック(顔型がとれる(笑))も気になったけど、
別料金だったので新製品だという別のパック(コース内)をチョイス。
でも、そのパックもなんだか凄かったです。
シート状のパックなのに時間が経っても乾かなくて走っても簡単には剥がれないらしい。
プルプルした感触のシートでした。ホームケア用としても販売されているみたいです。
・・・が、そもそもパックしながら走ることなんてないと思うwww


b0172311_6572794.jpg


あと、これはお友達のKちゃんが誕生日にプレゼントしてくれた
SABON(サボン)というブランドのボディ用スクラブ。
こちらのお店はどうも今、東京で流行ってるらしい。

b0172311_6594289.jpg


液体部分がソープになっていて、付属のスプーンでよく混ぜて使います。
濡れた肌に使うと程よく泡だって、流した後はツルスベでございます。
香りはジンジャー・オレンジ。ジンジャーが入っている分、甘すぎずいい香り♪

ソルトには死海の塩が使われているらしいです。
よって原産国はイスラエル。
KちゃんによるとSABONはハリウッドセレブ御用達だそうな。
私もちょこっとお風呂でセレブ気分を味わっております(笑

Kちゃんありがと~。
[PR]
by jpmikan | 2009-09-04 06:46 | Wedding

前撮り

b0172311_671547.jpg


もっとマメに更新するつもりが、式の準備やら引越しやらで
予想よりも忙しく、あっという間に時間が過ぎて・・・
あれよあれよのうちにとうとう挙式前日になってしまいました(汗

今更だけど、6月の前撮りの様子です。
当日の天候は晴れ。
朝から1日がかりでの撮影でしたが、写真館のスタッフさんも
素敵な方ばかりで楽しく撮影できました。

b0172311_693272.jpg

b0172311_6142922.jpg

b0172311_6154571.jpg

飛んだり跳ねたり、旦那くんも頑張っておりました(笑
[PR]
by jpmikan | 2009-09-04 06:09 | Wedding

ネイル。

前々からやってみたかったことをついに実現しました。
それは・・・ネイルサロンデビュー!! です。

前撮りのときに爪もキレイにしておきたかったのですが
ジェルネイルは初めてなので、まずは一度体験しておいた方が
いいだろうということになり・・・職場でお世話になっているFお嬢様
(なぜか彼女はお嬢様と呼ばれている)の紹介で、県内唯一の
「ダイヤモンドネイルのマイスターサロン」に行ってきました。
b0172311_223085.jpg

3Dの白いお花の上にきらめいているのは、なんとダイヤですっ!
鼻息で飛びそうな0.006ctの小さな小さなダイヤですが、
やっぱり輝きが違います。

お店はこちら →→→ PRESH


こちらで購入したダイヤは、使わないときはお店で保管してくれます。
紹介してくれたFお譲様は確か4粒ほどダイヤを持っているらしいですww


・・・で、こちらが前撮り用にしていただいたネイルです
b0172311_2502262.jpg

前回のと合わせてダイヤが2石になりました!
左右の薬指に1石ずつ。

私は自爪がもろくて伸ばせないので、この日は特別に
スカルプにしていただきました。

店長さんは専門学校で講師もしているだけあって本当に器用。
今回はリクエストして3Dの薔薇を描いてもらいました。
葉っぱのところはよく見ると葉脈まで描いてくれています。

b0172311_2505496.jpg

ネイルサロンってギャルっぽいものが多いけど
こちらのお店は控えめで女の子らしくて上品なデザインが私好み♪♪

それに、ウェディングドレスも取り扱っているので
お店にドレスが飾られていたりして毎回ドレスを見せていただくのも楽しみです。
そのドレスもまたすっごく可愛くて・・・
まだドレスを決めていなかったら飛びついていたかも。。。

b0172311_3131795.jpg

噂のFお嬢様のネイルはゴールドに赤い薔薇!!
なんと、ダイヤは1つの薔薇に3石です。
ゴージャス!!

Fお嬢様は自爪がサイコーに美しいっっ
さすがお嬢様です。。。
[PR]
by jpmikan | 2009-06-18 02:38 | Wedding

招待状

5月に入ってすぐに式場で1回目の打ち合わせがありました。
内容は招待状について。

招待状は自分で上手に作る自信が無かったので式場に頼みました。
まずは沢山あるサンプルの中からデザインを選び、
それから文面や書体を選択しました。

デザインは4~5冊のサンプル本の中から選びました。
沢山ありましたが、消去法でどんどん外していくと
結局、自分たちの好みに合うものは3つくらいに絞れました。

で、最終的に選んだのがコチラ↓

b0172311_0595251.jpg


マリーマリー という商品です。
花婿さんと花嫁さんの向かい合ったシルエットが素敵で気に入りました。

デザインが決まったら次は文面選びです。
まずは、差出人を誰にするのかを決定します。
選択肢は、親連名・本人連名・親と本人の両方からの3パターンです。

いろいろ考えましたが、2人ともそこそこ良いお年頃?なので、
親連名にせずに親と本人の両方の名前で出すことにしました。

この場合は、さらに2パターンあって
親を主体にするのか、本人を主体にするのかを選ぶことになりました。
私たちは最終的に、親を主体にした文面を選びました。

その理由は・・・

本人を主体にしたとき、親のメッセージにあった「若いふたり」をどうぞよろしく、
というような一文に微妙にひっかかったから(苦笑

コーディネーターさんは、「親御さん世代からしたら全然若いですから!
気にしなくていいですよ~」と言ってくれたけど・・・
結局、親主体の文面をチョイスしました^^;

この場合、通常は封筒に記載する差出人が親の名前になるそうなのですが
私たちは自分たちの名前で作ってもらうことにしました。

そして、最後に書体を決めました。
一般的には明朝体が多いみたいですが、デザインがかわいかったので
少し丸みを帯びた石川書体を選びました。

文章自体は、定型文だったので特に自分たちで決める必要はありませんでした。
その時節に合った季節の挨拶などを織り交ぜた文章を印刷してくれます。

b0172311_1404726.jpg

広げるとこんな感じ。


内容を決定した後、校正ができあがった段階で式場から郵送で
本状・封筒・返信用葉書・付箋、それぞれの校正紙を送っていただきました。
チェックしてOKだったので式場に電話して正式に注文部数を伝えました。

それから・・・招待状が完成したのは5月の末頃でした。
休みの日に式場に招待状を取りに行き、帰りに郵便局で慶事切手を買って
その日のうちに愛知の相方のところへ郵送→→→

宛名書きは自分たちですることにしました。
・・・が、字がヘタすぎて予想通り苦戦(笑
直接手渡しした何名かにはニックネームで書いちゃいました。
さらに、ごまかしでシール貼ったり・・・(おぃおぃ

相方は途中で断念して、お義母さんにお願いしたみたいww
そういえば、兄ちゃんのも母ちゃんが書いてた気がする(笑

必死で宛名書きした招待状たちは
6月に入ってすぐの大安の日に発送しましたー
相方くんも少し遅れて次の大安の日に出したもよう。
お義母さんありがとーーー。
[PR]
by jpmikan | 2009-06-18 01:00 | Wedding

衣装合わせ

1月に式場が決定した後、しばらく式の準備は何もすることがなく
初回の打ち合わせは5月に入ってからでした。

ただ、前撮りをすることにしていたので、衣装合わせだけは
2月末から始めることにしました。

衣装は持込にすると持ち込み料が発生するし、衣装にも特典が
ついていたことから、会場側の衣装部で決めることにしました。
県内で有名な衣装屋さんに比べると、点数も限られているけど
こだわり始めたらキリが無いのが衣装だと思います。

実際、ブログを見ていると「全然、着たい衣装が見つからないの!」と
衣装屋を何軒もハシゴしたり、衣装合わせを何回も繰り返している方も
いらっしゃいます。後悔しないように、しっかり決めた方がいいけど
悩みはじめたら決められないんですよね。

10月に挙式するKちゃんも、式場で衣装を借りるそうですが、
同じくそれほど点数は多くないそうです。
でも彼女は、「私は、あるものから選べる人だからそこから選んだよ」と言ってました。
私も「あるものから選べる人」なので、そこまで衣装合わせに駆けずり回った
ってことはありませんでした。

・・・が、カラードレスは自分の着たい色があったので
そこにこだわっていたところ、家族や相方くんから別の色が似合うとすすめられ
結局、決めかねて2着とも着ることにしちゃいました(汗

Kちゃんは、「式でドレスの色当てクイズをするから1着だけにする~」って
言っていたけど、やっぱり衣装合わせをした後は
「2着、着たくなる理由がよく分かった~」って言ってました(笑

衣装合わせは、ほんと楽しかったです。
結局、新郎の衣装合わせも含め計3回衣装合わせに行きました。
1度目は、ウェディングとカラー、2度目はウェディングとカラーと打ち掛け
3度目は最終決定と新郎衣装合わせでした。

衣装合わせで思ったこと。

着ている本人は客観視できないのでやっぱり写真は撮っておくべきですね。
私も、1度目は両親+相方くん、2度目は両親、3度目は相方くんと行き
たくさん写真を撮ってもらいました。
家族には「もう前撮りいらないんじゃない?」と言われましたけど。
でも実際に着てみるのと写真で見るのとではやっぱり違って見えます。
周りからすすめられたカラードレスもやっぱり写真で見ると選んで良かったと思います。

で、もう1つ思ったこと。

新郎衣装は、なんてあっさり決まるんだ ってこと(笑
私の衣装点数が多くなるので、合わせて新郎も挙式と披露宴で
お色直しをしてもらうことにしました。もともと点数が新婦側よりさらに
限られているからというのもありますが、それでも決めるの早かったです・・・

何はさておき、衣装も無事決まったし、あとは前撮りを待つのみ。
前撮りは今週の土曜日6月6日の予定です。
一部、ロケーションをしますが、今のところ降水確率30%です。

b0172311_1132185.jpg

これは選ばなかった衣装だけど・・・素敵でした。
[PR]
by jpmikan | 2009-06-03 11:40 | Wedding

式場探し

結婚を決めて、まず最初にしたことは「式場探し」でした。
12月の末ころから検討を始めて1月の中旬には契約成立。
・・・意外とあっさり決まりました。これでも一応考えましたよ。

お互いが実家暮らしで、すこし場所が離れていたので
ポイントはどちら側で式を挙げるか、でした。

相方くん側のゲストは県外に出ている友人が多く、
式に合わせて帰省していただくことになります。
向こうの実家付近で式場を探した方が、宿泊にも便利かなと
思ったりもしたけど、数が限られてしまうのが悩みどころでした。

ちょうど、向こうの実家付近で2月に新規オープンする式場が
あったので最初はそこに見学に行くとにしました。

当時は、まだオープン前だったので会場を見ることができず
イメージ図や見積もりだけ見せてもらいました。
話しだけ聞いているとすごく良さそうな感じでしたが、
実際に式場を見たわけではないのであんまりピンと来ませんでした。
それに、新規オープンなだけあってお値段も予想以上。。。

一旦、検討します。ということでその日は帰りました。
それからゼクシィで2箇所ほど資料請求をして、
そのうちの1箇所に見学に行き、今の式場に決めました。

結局、場所は私の実家に近いところにしました。
いろいろ特典もつけていただいて良心的だったし、
遠方からのゲストが宿泊できるホテルも近隣にたくさんあって
立地も良く、相方くん側の親戚を乗せる送迎バスも無料で
提供していただけるとのことでした。
もともとここは、兄が披露宴をした会場でもあったので
出される料理も美味しかったよ、と母親も賛成していました。

でも、一番の決め手は・・・見学のときに見たチャペルが素敵だったこと。
兄のときはチャペルがリニューアルされる前で、兄夫婦は会場に
併設されているチャペルではなくて別の教会で式を挙げて
披露宴でだけ利用していました。
なので、チャペルを見たのはこのときが初めて。

大聖堂といわれるような荘厳さは無く、小さなチャペルですが
逆にそれがゲストとの距離を縮めることになり、式に一体感が出そうです。
バージンロードはガラス張りで、そのガラスの下には
入り口から祭壇に向かって水が流れています。

このときに担当していただいたコーディネーターさんの話では
バージンロードは花嫁さんの人生を示しているとか。

入り口からバージンロードの途中までは育ててくれた親と歩んできた道。
だから、新婦の父と一緒に歩きます。そしてその道の途中で新郎に出会って、
そこから先が新郎と共に歩む道なんだそうな。

そんな話しを、あのチャペルで聞いていると・・・
それだけで鼻がツーンとしちゃいました(笑
当日、私は涙・・・じゃなくて鼻水をダラダラ流しながらあの
バージンロードを歩くことになるのでしょうか。

とにかく、結果的に式場は私の実家付近で決めて良かったなと
今のところ思っています。やっぱり女性側の方が、衣装合わせとかで
足を運ぶ回数も増えるし、うちの場合は相方くんが転勤になってしまったので、
これから式の準備でも私がひとりで式場に行くことも出てくるかもしれません。

私たちはブライダルフェアも行っていないし、見学に行ったところは
2箇所だけ(そのうち1箇所は完成前)だったけど、
あまり選択肢が多すぎても悩んでしまうので、早い段階で気に入るところが
あって良かったなと思っています。

結婚式の準備を始めて思ったこと。
結婚って・・・決めることばっかり。

これから式場を探す方も大いに悩んで、納得のいく場所を見つけてください。
[PR]
by jpmikan | 2009-05-31 10:03 | Wedding

入籍まで と エンゲージリング

入籍までのことを簡単に記しておこうと思います・・・

正式に結婚を決めたのは去年のクリスマス頃。
それから年が明ける前に私の実家への挨拶を済ませ、
年明けに旦那くんの実家に挨拶に行きました。

そして2月初旬に両家の顔合わせも兼ねてお食事会をしました。
この頃、入籍は結婚式をする秋頃を予定していて、
ちょうど10月末が付き合い始めた記念日だったので
その日がいいねと2人で話しをしていました。

ところが突然、旦那くんの転勤が決まり状況が一転。
諸事情からひとまず先に入籍をしたほうが良いだろうということになり、
3月15日に結納をして、その日のうちに入籍という運びになりました。

その日は日曜日だったので、婚姻届は市役所の夜間休日受付に
提出に行きましたが、手続きはほんとにあっさり済みました。
書類を1枚提出しただけ。簡単なものです・・・。
それに、まだ一緒に暮らし始めていないのであまり実感も沸きません・・・。

婚姻届を提出した後、注文していた指輪を受け取りに行ってきました。
エンゲージリングはアイプリモで買ってもらいました。

1粒ダイヤのデザインとメレダイヤのデザインで悩みましたが最終的に
第一印象で気に入ったメレダイヤのデザインにしました。
ミル打ちもとても気に入っています。

b0172311_23341622.jpg


内側にはプロミスダイヤモンドといってカラーダイヤモンドを埋め込んで
もらっています。カラーは全部で8色で、それぞれに意味があります。
ちなみに、このプロミスダイヤモンドでの収益の一部はNGO団体の
セーブ・ザ・チルドレンジャパンの活動支援に充てられているそうです。


購入後しばらくは、なんだかドキドキしてはめられなくて毎日眺めている
だけでしたが、同じ時期に結婚する友達のKちゃんが
「もったいないから、出かけるときにはめてるよ」と言ってたので
最近は私も出かけるときに、はめていくようになりました。

旦那くんは当初、エンゲージリングって必要??と言ってましたが
私にとっては意味のあるもの。見ているだけでも幸せな気分になります。
これからもいろんなことがあると思いますが、年を重ねても
大切にしていきたい大事な指輪です。旦那くんよ、ありがとう。
[PR]
by jpmikan | 2009-05-12 12:55 | Wedding


日々のこと。


by jpmikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

家ごはん
外ごはん
お弁当
手作りパン
手作り菓子
ハンドメイド
息子くん
成長曲線
出産準備
おでかけ
Wedding
ごあいさつ
日々のこと

最新のトラックバック

ブログパーツ

検索

タグ

(10)

ファン

ブログジャンル

画像一覧